販売予定の物件の場合ほとんどが建築途中なので、多少の便利性を考えて、多少の変更は頼んで見よう

販売予定の物件を抑えるべし!

販売予定の物件を抑えるべし!

販売予定の物件で建築途中なら多少の無理は言ってみよう

販売予定の物件を購入する際には、ほとんどの場合建築途中の物件なので、もし購入することを判断したならば、建築途中であることを逆手にとって、多少の設備変更をおねだりしても良いと思います。そして、設備変更に関しては多少の上乗せ金が発生しても、後日自分で業者を頼むよりも格安に取り付けてくれるので、いってみる価値はあります。
業者も販売予定の物件に対して、お客がもうついているならば、売れる物件であることが確信できるので、多少の無理も聞いてくれるはずだし、自分が住む家なので、生活イメージを思い浮かべながら変更してもらう話をするのは、大切だと思います。まして、販売開始物件ではなく販売予定物件であるため、建物事態がないのに購入判断をしてくれることなど、好景気時代なら利得る話だが、この不景気の時代では、神様扱いと言ってもおかしくないくらい大切にしていただけると思います。住宅は、人の家ではありません。自分の家を購入するのだから、自分にあったもの、自分の人生をかけてその家を建築してもらうのだから、多少ではなく、かなりわがままな話をする価値があるのではないでしょうか。販売予定物件で建設中ならばぜひとも、簡単な工事内容なら、話をしてみてもし駄目ならあきらめればいいし、変更してくれるならば、儲けと思って、駄目もとでの相談をしても良いと思います。とにかく高額の買い物であり、一生済み続ける建物なので、出来る限りのわがままと、ずうずうしさを一生に一度くらいは出してみてはいかがでしょうか。