どのような太陽光システムにしたいのか希望があれば、販売予定前に設備プランがカスタマイズできる物件が良い。

販売予定の物件を抑えるべし!

販売予定の物件を抑えるべし!

販売予定前に設備プランがカスタマイズできる物件のメリット

建売分譲住宅は、建築されてしまうと設備変更が困難な場合が少なくありません。家具であれば買い替えたりすれば可能ですし、作りつけの家具を希望するのであれば、採寸の上で追加工事で可能になります。しかし家具の設置のようには容易に変更できない設備もあります。自分たちが希望する設備があるのであれば、そのような設備が最初から準備されている必要がある、と思っておいた方が良いと思います。一戸建てとして売られている物件は、基本的には設備変更が困難ですが、販売予定の早い段階で交渉する機会を持てるのであれば、仕様プランを話し合って変更していくことが可能になります。最近では設備プランを話し合えるように、カスタマイズ可能物件として公開されることも増えています。
太陽光システムを設備としている物件の場合には、既に決められているメーカーの機器類であるは場合が多く、自分たちの希望するメーカーの機器類に変更することは極めて困難です。
しかし、例えば屋根の上には太陽光パネルを、販売予定の仕様通りに設置して、日当たりの良い壁にアモルフォス太陽光システムを設置する、というような追加工事は可能な場合があります。設備変更のコツは、追加工事です。
すでに仕様として設定されている物を活用しつつ、それを補う形での増設工事と言うことであれば、かなり設備プランには融通が効くものだからです。
太陽光システムはパネルタイプとアモルフォスタイプとでは、重量にも差があります。カスタマイズ可能な設備プランであれば、融通の度合いも大きくなるのです。